撫で肩治療記

撫で肩は骨格の問題なので治らないそうです。

六畳間への太陽

先週、廊下の電球が切れた。

 

忙しかったし、まあ廊下だしそのうち交換しよう、と思って放置していた。

 

毎回廊下に出るたびにスイッチを押したり、また押す寸前まで手を伸ばしてから「あ、切れてんだったな」と思う。

 

なんだかあるべきものがなくなってしまったような感覚になって、昨日我慢の限界を迎えて、新しい電球を買った。

 

新しい電球は相性が悪いのか、スイッチを押してから電気がつくまで少しラグがある。

 

きっと無意識にスイッチに手を伸ばしていたようにそれにもそのうち慣れる。

 

やはり電気というものは素晴らしい、薄暗いどころが光の刺さない廊下をこれを機に少し片付けた。

 

次、廊下の電球に感謝を忘れるのはいつだろう。

広告を非表示にする